原作の草壁家

原作のサツキとメイは母親のわからない、いわゆる「認知されない子供」として生まれ、毎日にように村人から執拗なイジメに逢っていたようです。
サツキとメイは母親は死んでしまったという、お父さんの言葉を信じ、3人で暮らしています。お父さんは酒に溺れれサツキとメイに暴力をふるうこともあり、やがてメイは心の病にかかってしまいます。

そんな時、メイは死期の近い者の前にだけ姿を現すという、古い言い伝えの化け物「トトロ」と出会います。それからというものメイは死に魅入られて、死後の世界に思いを馳せるようになるのです。

お父さんも家に空けることが多くなり、お腹の空いたサツキとメイは近所の畑から、お母さんが大好きだったと聞かされていたトウモロコシを盗んでしまうのです。しかし、村人の通報により翌日には二人の犯行がばれてしまいます。
村人の報復を恐れたメイは逃げ出し、滝つぼに出てしまいます。そしてメイは「お母さんに会いに行こう」と笑いながらトウモロコシと一緒に身を投げてしまうのです…。

映画のトトロと比べると、とても悲しいお話です。しかし、当時(1950年代)にしてみたら、トトロと出会うことを除けば、サツキとメイのような境遇は、ごくありふれた日常だったのかもしれません。

年末ジャンボ2等100万円に当選しました!
posted by となりのトトロ at 13:44 | 隣のトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする