トトロの裏話

となりのトトロは、昭和30年代初めを舞台に、小学6年生のサツキと4歳のメイの姉妹が、お化けのトトロと出会って思いがけない冒険をする、子供とお化けのふれ合いを描いた、お馴染みのアニメーション映画です。

1988年に劇場公開された「となりのトトロ」は、宮崎駿氏の代表作品となり、現在でもスタジオジブリの作品のテロップにはトトロがキャラクターとして使われていますね。
またビデオ・DVD化されていることや各イベント等での公開をはじめ、地上波でも毎年のように放映されてきたことなどから、日本では幅広い世代から支持されている大人気作品といえます。

ところが、この「となりのトトロ」に沢山の裏話や都市伝説的な噂話があるということを知っていますか?

スタジオジブリの広報室にも、この裏話や都市伝説的な噂話を聞いた、「となりのトトロ」ファンの方達からも、たくさんの問い合わせがあると言います。

本ブログの管理人も「となりのトトロ」をはじめ、ジブリ作品の大ファンの1人ですし、こうした噂話はとっても気になるところです。そこで、このサイトでは「となりのトトロ」に関する裏話や都市伝説を解明し、その真実を探ってみたいと思います。

間違って購入した馬券が万馬券で170万円GET!白蛇様様です!
posted by となりのトトロ at 11:19 | となりのトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トトロは死神?

トトロというのは死神、冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、 もしくは既に死んでいるという裏設定があると言われています。
ネットでは次のような裏話が流れています。

「メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、あの時既にメイは池で水死しており、真新しいメイのサンダルを見たサツキが現実を認めたくない気持ちから「メイのじゃない…」とひきつった表情で嘘をついてしまいます。

そしてさつきはメイを探すため、メイがトトロに会ったという場所に行き、「お願い・・・トトロに会わせて!!」「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。 探したけど見つからないの。お願い、メイを探して!今頃きっとどこかで泣いてるわ。 どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ…」

というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、魂を運ぶ乗り物である猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。」

・・・という話です。そもそもトトロは森に暮らす「所沢のお化け」ですよね。死神とか冥界への死者とか言うと、何かそれだけで怖さがアップするというか…死が近くなった人だけが見えるオバケでもいいような気がします。

2か月連続でナンバーズ的中!55万円+61万円!!
posted by となりのトトロ at 18:09 | となりのトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母親のセリフ

物語のなかで母親は結核を患い七国山病院という病院に入院してることになっています。

これは裏話でも何でもないのですが、母親の入院していた七国山病院のモデルとなったのは、八国山病院という実際にあった病院だそうで、昔は末期患者や精神疾患患者を収容する場所だったといわれています。
「となりのトトロ」の舞台になっている1950年頃は、結核が日本人の死亡原因のトップだったのですね。

さらにサツキとメイが母親の大好きなトウモロコシを病院に持っていくシーンでは、母親が 「今、あの木のところで、サツキとメイが笑ったような気がした」と言います。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がしたのでしょうか?また、サツキとメイは近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずに メッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?

それは二人が既に死んでいるから…という裏話があります。

確かに母親の言ったセリフは、とても生きている子供達に対して言う言葉ではないよに思えますし、普通、子供が親に心配かけまいと、わざわざメッセージ付きのトウモロコシを置いてく行動も不思議といえば不思議ですよね。

震災復興支援グリーンジャンボで4等に当選!100万円GETしました!!
posted by となりのトトロ at 18:29 | となりのトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原作のトトロ

「となりのトトロ」には原作があるといいます。原作は「隣のトトロ」という題名で、残念ながら、現在では絶版になっていて入手は困難とのこと…

原作ではトトロも「所沢のお化け」ではなく、死期の近い人間の前にのみ現われる化け物として登場しているそうです。その容姿に関する描写は次にような表現になっているそうです。

「まず感じたのは、胃がひっくり返りそうな程の濃密な獣臭だった。見上げると、そこに夜色の長い毛に全身を覆われた巨獣が居た」
「ずんぐりむっくりの毛むくじゃらで、大きな胴体に見合わず、針金を連想させる細長い手と足が十数本、ねじくれて出鱈目に生えていた」
「顔に当たる部分には目も鼻も耳も無く、顔の三分の一近くを占めるのではないだろうか、側頭部まで裂けた口から、血と腐りかけの魚のような生臭い臭いが漏れていた」

映画に登場するトトロとは全くイメージですね。トトロが死神として裏設定されているという噂は、この原作のイメージが原因なのかもしれませんね。

臨時の現金収入の後、更に希望以上の物件を安く購入できた!
posted by となりのトトロ at 13:03 | 隣のトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原作の草壁家

原作のサツキとメイは母親のわからない、いわゆる「認知されない子供」として生まれ、毎日にように村人から執拗なイジメに逢っていたようです。
サツキとメイは母親は死んでしまったという、お父さんの言葉を信じ、3人で暮らしています。お父さんは酒に溺れれサツキとメイに暴力をふるうこともあり、やがてメイは心の病にかかってしまいます。

そんな時、メイは死期の近い者の前にだけ姿を現すという、古い言い伝えの化け物「トトロ」と出会います。それからというものメイは死に魅入られて、死後の世界に思いを馳せるようになるのです。

お父さんも家に空けることが多くなり、お腹の空いたサツキとメイは近所の畑から、お母さんが大好きだったと聞かされていたトウモロコシを盗んでしまうのです。しかし、村人の通報により翌日には二人の犯行がばれてしまいます。
村人の報復を恐れたメイは逃げ出し、滝つぼに出てしまいます。そしてメイは「お母さんに会いに行こう」と笑いながらトウモロコシと一緒に身を投げてしまうのです…。

映画のトトロと比べると、とても悲しいお話です。しかし、当時(1950年代)にしてみたら、トトロと出会うことを除けば、サツキとメイのような境遇は、ごくありふれた日常だったのかもしれません。

年末ジャンボ2等100万円に当選しました!
posted by となりのトトロ at 13:44 | 隣のトトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする